医学 薬学 薬剤師
いい女になってもてる方法

育毛のみ薬、薬、薬局

グルメっていうか

ワイン 【調剤薬局の人妻 薬剤師☆転職したい薬剤師☆人妻だけど】

satiはアルコール好きよ。日本酒も好き。最近はワインも好き。炭酸も好きだからシャンパンも好き。美味しかったらいいから名前までは覚えてないし、安いものしかもしかして飲んでいないかも。
ブルゴーニュの爽やかさよりボルドーの渋みが好き。だけど、この前甲州産の地域限定で作ったワインを飲んだの。全然高くないものよ。500mlで1000円しないもの。意外と美味しかったの。ミディアムボディだったけれど渋みもあって、きょうこはその日てんぷらだったから白か赤か迷ったけれど赤で正解だった。飲んでみないとやはり分からないものよ。
酔って狂いたいな。。。

グルメっていうか

スイスチーズ 【調剤薬局の人妻 薬剤師☆転職したい薬剤師☆人妻だけど】

マユは今日リスクマネージメントの講演会に行ってきたの。講師の先生はとても面白い人で、関西風のレポーターばりのしゃべり・間・オチがあり、時間超過だったけれどテンポよく最後まで(眠かったけれど眠らなかったもの)聞いてた。
医療的なリスクマネージメントはもちろん常に考えていかなければいけない問題であり、何時自分にふりかかってくるか分からないから頭の隅っこには置いておかなければいけないと思う。常時・高度に考えていくべきなんだろうけれどそれでは他に何もできなくなる。
その中で、なぜこれだけ真剣に事故の軽減をしようとしているけれど、なぜなくならないのかという事にぶつかる。そのモデルとして「スイスチーズ」モデルというものがあるそうだ。スイスチーズというのは、トム&ジェリーや、ミッキーマウスが好きなあの穴の開いたチーズのこと。
それをスライスすると1枚の中に何個か穴が開いている。それをヒアリハットのヒアリにたとえる。もちろん医療関係者は事故の繋がらないようにケアレスミスやミスを事前に食い止める策を練り、それを何重にも関所を設けて事故を起こさないようにしている。それでも事故はなくならないのが現状である。何重の監査システムをスライスチーズにたとえて、何枚か重ねた時穴がふさがる所もあれば、向こうが見える穴もある。事故は何重ものチェックシステムをくぐりぬけたところに発生するといもの。
なるほどなぁ〜と思った。病院ではかなりのチェック体制はしてるのだが事故はやはりなくならない。事故を起こさない努力はまだまだ続くのだ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。