医学 薬学 薬剤師
いい女になってもてる方法

育毛のみ薬、薬、薬局

人妻ブログ

ジェネリックの薬剤 【調剤薬局の人妻 薬剤師☆転職したい薬剤師☆人妻だけど】

ジェネリックの薬を出すかどうかは,私たち薬剤師の判断じゃなく,レシピを書く医者の判断に委ねられているの。
つまり如何にジェネリックといえどもオリジナルの薬剤と微妙に違うから,お医者さんがレシピで,「ジェネリックでも良い」と書いてくれれば,私たちは患者さんに「ジェネリックにしますか?どうします?」なんてレシピに書いてあるジェネリックの事を説明して,患者さんの判断に委ねるのね。
薬のメーカーは必死でお医者さんに薬のことをいろいろ説明したりして,ジェネリックを排除してきたんだけど,この4月だったかなあ,薬事法が改正されて,お医者さんのレシピに「ジェネリックはダメ」と記入しない限りはジェネリックを出しても良いと変更されたの。

つまり,それまでは わざわざ 「ジェネリックでも良い」と記入しなければならなかったのが「ジェネリックはダメ」と記入しない限り,ジェネリックでも良いってことになった,この微妙なニュアンス,いかが?

これで患者さんの選択範囲が広がったわ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45023507
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。