医学 薬学 薬剤師
いい女になってもてる方法

育毛のみ薬、薬、薬局

人妻ブログ

ジェネリック医薬品 【調剤薬局の人妻 薬剤師☆転職したい薬剤師☆人妻だけど】

ジェネリック医薬品って最近よく聞く言葉でしょう?ジェネリックってご存知かなあ?普通の薬は,薬メーカーが何年も,何ヶ月もかけて開発する。だから,その著作権というか製造する権利は 10年間は独占されるの。医学進歩のためには,その内容は公開されるから,だれでも調合できる。でもその十年は,開発した薬品メーカーに独占権を与えるから,もし 他のメーカーが作りたければ,その費用を支払って作るか,10年間は指をくわえて眺めるだけになる。
ジェネリックは10年過ぎた薬剤を同じように合成して作るわけ,だから開発する費用が無いので,販売価格も安くなる。

まあ,普通のメーカーも10年経てば 開発費もクリアできるから 安く売ればいいんだけど,そうもいかないらしい。

で ジェネリック,どれだけ安いかというと 普通の薬の一割ぐらいじゃないかなあ。ということは,患者さんにとってはすごくいい事だと思う。

でも正直な話,オリジナルの薬とは 細かい成分で違うようだし,薬剤価格も安いから,私たちにとっても いいとは言い切れない。でも,高価な薬で飲めないより 飲んだほうがましだから,患者さんの選択で出してあげてもいいんじゃないかなあ?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45022726
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。