医学 薬学 薬剤師
いい女になってもてる方法

育毛のみ薬、薬、薬局

人妻ブログ

痛風の症状,痛風の痛み,そのメカニズム 【調剤薬局の人妻 薬剤師☆転職したい薬剤師☆人妻だけど】

 痛風は美食、肉食、飲酒の好きな人に多いところから、昔は王侯・貴族の病気といわれてきました。現在の日本では50 万人位の患者がいて、増加傾向にあります。
 歩くこともできないほどの発作的激痛が数日間〜10日間くらい続き、やがて痛みは自然に消えます。
 そのうち常に体の関節のどこかが炎症を起こしている状態になってしまいます。もちろん腎機能も低下してしまい、さらに症状が進むと人工透析を受けなければならないところまでいってしまうのです。

 この他にも、遺伝的な要因や生活習慣が大きく関係していることがわかっています。利尿剤などの薬によって尿酸値が高くなることもあります。
 体の細胞にある「核酸(かくさん)」は、細胞が新陳代謝(しんちんたいしゃ)を繰り返し、エネルギーを作るときに「プリン体」へ分解されて、最終的には「尿酸(にょうさ)」として、尿の中や便の中へと排泄(はいせつ)されます。
 
 細胞の代謝過程において、プリン体はヒポキサンチンと呼ばれる物質に変化します。
 また、プリン体の代謝によって発生するアデノシン三リン酸(ATP)は細胞が活動する為に必要なエネルギー源として機能するため、プリン体は非常に重要な役目を持っているのです。
 激しい痛みの痛風発作に適している鎮痛消炎薬は、効き目が早く、抗炎症作用のあるものになります。坐薬の鎮痛剤を使用することもあります。鎮痛消炎薬は 発作が起きてしまうと、通常のを量を服用してもあまり効き目が期待できないため、2〜3倍の量を3時間おきに3回飲むように医師から指示されることがあります。必ずこの量を守ってください。あくまでも発作時だけのことですので、痛みが軽くなった時点で薬の量を減らしてください。
 ザイロリックなど、痛風を予防する薬として用いられるものがいくつかあります。コルヒチンは 体の中で、尿酸が作られるのを押さえる働きをします。尿酸が作られる量を抑えるので、尿路結石がある人にも有効です。効果を期待するには毎日飲まなければいけません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182016486
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。